素敵な女優ダイアリー

映画、ドラマ、CMなどで活躍する素敵な女優のダイアリーです。

長澤まさみ 映画 妖怪ウォッチ 舞台あいさつ!

      2015/12/24

長澤まさみの話題です。

映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!
の初日舞台あいさつが行われました。
 
ゲスト声優の長澤まさみ、堀ちえみ、博多華丸・大吉をはじめ、
小桜エツコ、着ぐるみのジバニャン、USAピョン、フユニャンが登壇しています。

watch05

一年を振り返った長澤まさみは、
「ちゃんと落ち着いて仕事と向きあえた年だったかな」としみじみ、
来年のNHK大河ドラマ「真田丸」のヒロインに抜擢され、
現在撮影の真っ只中ですが、
現場での快調ぶりをうかがわせるかのように
「充実した1年でした」と笑みをこぼしています。

watch10

ジバニャンの生前の飼い主だったエミちゃんを演じたことで、
夢に向かって突き進む人の格好良さを改めて感じたそうです。

目前に迫ったクリスマスについて、過去の思い出を尋ねられると、
毎年仕事のイメージがあるんですよね。
「今年は友達とクリスマスパーティーをやろうと話をしています」
と嬉しそうです。

watch02

来年にはNHK大河ドラマ「真田丸」のヒロイン役も控え、
今年は「インプットの年」、
仕事面でもプライベートでもよく遊び充実した日々を送ったそうです。

w450c-e_1926270

「この仕事をしているとどこかで忙しいことが良いこととされがちだけど、
わたし自身もそう思って仕事してきたところがありますが、
人間らしい日々もないとお芝居に生きないなぁとも思います」

また声の仕事については、
「意外といろんな声を出せて、まだ出していない隠し玉もあるので、
これからそれを生かしていきたいと思います」と笑顔を見せています。

watch03

ただ、この1年、
「海街diary」ではカンヌ映画祭のレッドカーペットを歩き、
来年公開の映画の撮影にも参加、
すでに大河ドラマ「真田丸」の撮影も始まっています。

watch20

20代最終年を前にした長澤まさみの“いま”に迫ります。

実は、少女のころからアニメが大好きだったそうです。
「夕方にBSで2本立てで放送されていたアニメをいつも見ていたし、
『ドラゴンボール』とか『幽遊白書』など面白いアニメがいっぱいあって、
小学生のころ『私はこのまま、アニメしか見ないで生きていくのか?
どうしよう、大人になれない!』
とすごく悩んだ時期もあった」とのこと。

そして、友達とダンスを始めたそうです。
音楽を聴いてダンスして、
ビヨンセみたいに踊れるようになるのがいまの目標です(笑)
というあらたな1面も話しています。

watch21

「いま、女優の仕事が楽しいか?」という質問には
「昔よりも(笑)」という答えです。

「というか、実は昔は、この仕事があまり好きではなかったのかもしれないと、
最近になって気づきました(笑)。
昨年の暮れに三谷(幸喜)さんの芝居に出たんです
(斉藤由貴との二人芝居『紫式部ダイアリー』)。
そこで急に何か変わったというわけではないんですが、
お芝居を好きになったというのはあって、最近はすごく楽しいです」

そのほか、人との出会いや、女優業の厳しさなどについても
語っています。

映画、妖怪ウォッチですが、
観客動員数であのスターウォーズを超えたという
ニュースもありました。
来年も忙しくなりそうです、活躍を期待します。

アクセスランキング

 - 映画