戸田恵梨香 ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」第3話!

2019年1月5日

戸田恵梨香のドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」第3話です。

真司と一緒に暮らすことにした尚(戸田恵梨香)でしたが、真司のアパートは古くて狭く、新しいマンションへ引っ越したいと言い出します。
渋る真司に対して尚は「私が貯金を下ろす」と提案します。

尚は、銀行にログインするときの合言葉のように、
「好きな小説の名前は?」「砂にまみれたアンジェリカ。」
母の旧姓。そして真司が捨てられた神社の名前。
この三つが言えなくなったら別れようと告げます。

尚の病気を受け入れた真司に対して尚の母・薫も交際を許し実家の近所でマンションを探すことを提案します。

そして、真司は尚の主治医が元婚約者の井原侑市だと知らされます。

尚は、このまま診察を続けることは出来ないと、診察から外れて母親の助手を務めることにします。

翌朝、真司は小説を外で書くふりをして朝早くから仕事に出かけます。
尚のためにお金を稼ごうとシフトを増やしていました。

尚が予約したマンションの内覧の日がやってきます。

待ち合わせに来ない尚に真司は電話を入れます。
尚は、予定をすっかり忘れています。

帰宅した真司は、ドアノブに刺さったままの鍵に気が付きます。
尚の症状が進んでいるのを実感する真司です。
尚を傷つけたくない真司は、鍵をそっとポケットにしまいます。

翌日、真司は尚の病状を聞くために侑市に会いに行きます。
しかし結婚していない真司は家族ではないということで断られます。

通院のために侑市の病院を訪れた尚は、認知症のお婆さんに出会います。
自分もいずれあんな風になるのかと不安になります。
「生きてるのが嫌だと思ったら先生、殺してくれますか?」と侑市に訴えます。

真司は仕事中に突然の腹痛に襲われて同僚に病院に連れて行かれます。
診察の結果、疲労からくる尿管結石だと判明します。
連絡を受けた尚は病院にやってきます。
そして真司がいつもの3倍仕事を入れていたことを聞かされます。

目が覚めた真司に、尚は自分を責めます。
そんな尚に真司は「好きになっちゃったら、どんな尚ちゃんだって好きなんだから」と言います。

その言葉を聞いて真司を抱きしめる尚ですが、その口から出た言葉は「好き!侑市さん」という言葉でした。

真司を侑市と間違える尚、せつないラストシーンです。