素敵な女優ダイアリー

映画、ドラマ、CMなどで活躍する素敵な女優のダイアリーです。

土屋太鳳 TAMA映画賞授賞式 最優秀新進女優賞 背中の開いた黒のドレス! 

   

土屋太鳳の話題です。

第9回TAMA映画賞の授賞式がパルテノン多摩大ホールで行われました。

映画祭では、
最優秀作品賞の『散歩する侵略者』の上映が行われ、
そのあとの授賞式です。

満員の会場は、熱気で包まれます。
受賞者が順番に紹介されていきます。

土屋太鳳は『トリガール!』『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』などで最優秀新進女優賞を受賞しています。

「どの役にもひたむきに向き合い、あふれる笑顔と抜群の運動神経で演じ切る姿は、観客の心をわしづかみにした」と紹介されます。

受賞コメントを聞かれ、
「映画の扉をたたいてから12年。本当にたくさんの言葉に出会いました。涙が心からあふれる温かい言葉もあれば、心をえぐる冷たい言葉もあった……」

と話したところで言葉に詰まり、
会場から温かな拍手が起こり「頑張れ!」とエールを送られます。

それでも、瞳に涙を溜めて
「いつの間にか、でこぼこな心になっていましたけど、今回(受賞理由として)いただいた言葉は『それでいいんだよ』と包み込んでくださるような、背中を押してくださるような言葉で、この言葉を胸に、これから女優として歩いていきます」

授賞式には『散歩する侵略者』で作品賞を受賞した黒沢清監督も出席。
スクリーンデビュー作の『トウキョウソナタ』の撮影以来となる黒沢監督との再会を果たし、「本当に嬉しくて、また新たなスタートを切れるのではないかなと感じています」と話しています。

『トリガール!』からは最優秀新進女優賞の土屋のほか、間宮祥太朗と高杉真宙が最優秀新進男優賞を受賞。

『トリガール!』は、鳥人間コンテストに挑む若者たちの青春を描き、土屋太鳳は主人公・鳥山ゆきなを演じています。

間宮祥太朗は人力飛行機パイロットとしてタッグを組む坂場大志を演じています。

「坂場とゆきなの関係性もありますので、下の名前で呼んでくれということと、敬語をやめようということを自分から言わせていただいて、『祥太朗』と呼んでいただいたんですけど、公の場でこういうエピソードを話しているうちにいろいろニュースとかで取り上げていただいて、土屋太鳳さんに下の名前で呼ばせることがこんなに問題になるとは思っていませんでした」
と反響の大きさに驚いたことを明かし、会場を笑わせます。

こんな背中の開いたセクシーな黒のドレス姿で観客を魅了します。

土屋太鳳「心をえぐる冷たい言葉も…」思い込み上げ涙 TAMA映画賞授賞式で

アクセスランキング

 - 芸能ニュース