素敵な女優ダイアリー

映画、ドラマ、CMなどで活躍する素敵な女優のダイアリーです。

木村文乃 ドラマ「ボク、運命の人です。」第5話 初めてのキス!

      2017/07/08

木村文乃の話題です。

木村文乃がヒロインを演じるドラマ「ボク、運命の人です。」第5話です。

誠にとって晴子との念願の初デートです。
ちゃんこ鍋屋・富田にちゃんこ鍋を食べに行きます。
すると、引退したばかりの元力士・大寒山がやってきました。

富田と正木は同級生です。
力士をやっていた富田は、大寒山とは親密な間柄でした。

晴子が大寒山の大ファンだと知った富田は、晴子を大寒山の断髪式に誘います。
大喜びの晴子です。

誠が家に帰ると、神が、
せっかくの初デートで何も残せなかったことを責めます。
断髪式で大寒山を腕相撲で倒せば、晴子の心に近づくことができると言われます。

次の日から、誠は筋トレを始めます。

さらに、神に言われた通り定岡にトレーニングのサポートをお願いします。
定岡は、腕相撲には体は関係ないと言います。
そして、「俺のトレーニングについて来れれば、絶対に勝てる」と。

次の日から、エアロビ、スカッシュ、筋トレ、が始まりました。
その夜、再び神が現れて、隕石の記事が出た新聞を見せられ、
一刻も早く好きになってもらうには、大寒山に勝つしかないと言われます。

晴子のところに断髪式の招待状が届きました。
晴子の両親が結婚したホテルでした。

会社で腕相撲では、誠が一番。
晴子が四谷と飲んでると、
「正木くんで良いんじゃない?
たまには、引っぱられたら、ついていけば幸せになれるかも」

晴子が、部屋に帰ると、誠からの電話。
待ち合わせの場所を決めます。

断髪式の日、ホテルまでタクシーで移動、話も弾み、いい感じです。
家では、晴子の両親が結婚式のときの写真を見ていました。
晴子の両親の結婚式と、晴子と誠が行った断髪式がシンクロします。

腕相撲が始まりました。
けれど、誠は一瞬で負けてしまいます。

帰り道、誠が落ち込んでると晴子が慰めてくれます。
そこに、空き缶を引きずってウェディングカーがやってきます。
落ちたカンを晴子が道路に拾いに出ると、
車がやってきて惹かれそうになります。

誠は、とっさに腕をだして、筋トレと同じ動きで晴子を引き寄せます。
そしてその勢いで、キスをしてしまうことになります。
誠が必死になって謝ると、
「こういうことが久しぶりすぎて、動揺しているだけです。」

拾おうとしたカンには、<末永くお幸せに>と、書かれていました。

「これって、二人へのメッセージですかね」
裏にも<めざせ、亭主関白>と書かれていました。
「目指せ・・ます・・かね」

「さあ、相手の人にもよると思いますけど」
「僕の相手は一人だけです。晴子さん!」

「あ、あ、あの・・・もうすこし、もう少し時間をいただけませんか。
心の整理がついたら、ちゃんとしたお返事ができるような気がするんです。
だから、もうすこしだけ、待ってもらえませんか」

「もちろんです。焦る必要はありません。ぼくは、いつまででも、待ちますから」

「ありがとうございます」

家に戻ると、神が現れます。
「なーに、勝手なこといってくれてんの?焦る必要ありません・・・じゃないから。
一刻も早く付き合わないと手遅れになるから」

「わかってるよ。わかってるけど、せっかく盛り上がってきた彼女の気分壊したら、元も子もないじゃないの?」

「それは一理ある」
「いま、おれたち、いい波きてるんだから、黙って見ていてくれる」
「了解。でも、いい波って、一瞬だから」
「引き寄せた幸せは、ぜったい、離さない!」
「次のデートで家に呼んじゃお。やることやっちゃお!」

そんな神との会話で終わります。
さて、二人の恋の行方はいかに?
次週が楽しみです。

アクセスランキング

 - ドラマ