有村架純 ドラマ「中学聖日記」第7話!

有村架純のドラマ「中学聖日記」第7話です。

聖(有村架純)は、聖の過去を知りながらも応援してくれる野上に抱きしめられます。
聖は前に進めそうな気持ちになります。
そんなある日、聖のクラスの彩乃が、登校中に栄養失調からくる貧血で倒れます。

聖は彩乃の母・美和を学校に呼び出して迎えに来てもらおうとしますが、夜遅くなっても美和は現れなせん。
聖は今後も続くようならば、実家に連絡すると伝えます。

けれど、美和はこれ以上干渉するようなら、聖の秘密をバラすと睨みつけます。
言葉の出ない聖です。

その頃、聖が教師を続けていることを知った愛子は、晶が知ったらどうなるかと不安にかられます。

晶は、るなと付き合うことにした、と九重に話します。
九重は聖の居場所をネットで知り、るなと白石淳紀に知らせます。

晶とるなのデート当日。
晶は、香坂優から聖の連絡先を聞き、るなを放置して聖の住む町へと走ります。

途中、晶は勝太郎と会います。
勝太郎から聖には自分がいるからと言われて、晶は帰ることになります。

聖は彩乃が家の前でひとりでいたところを発見します。
自宅へ連れて帰り、食事をさせます。

美和が迎えに来ますが、これ以上関わらないように脅し娘を連れ帰ります。

勝太郎は、晶に会って「許せない」と思ったと原口に告げます。
聖は「間違った」と勝太郎は言いますが、原口は「それが恋」と返答します。
勝太郎と原口の関係は煮え切りません。

晶は実家に戻ります。
「いつでも帰ってきて」と愛子は優しく迎えます。

日記を読み返す晶。
2015年8月の日記の最後には「僕が15じゃなければ」と書かれていました。

ある日、
「なんで連絡したの!」と美和が学校へ駆け込んできます。
娘が連れて行かれたといいます。

美和は、聖先生が野上と勝太郎と二股交際していることで脅します。
野上は自分が勝手に好きなことを告白し、連絡して娘さんを連れて行ってもらったのも自分だと告げます。

その夜の職員室。
改めて野上は聖に告白します。

そんな中、彩乃がいなくなります。
祖父のところへ行こうとした綾乃は道に迷います。

晶が公園で保護していたところを聖が発見します。
そこに野上も来て、綾乃を連れて学校へ戻ります。

晶は、
「会いに来ちゃダメな理由ないですよね。
僕はあの日のときのままです。
今度こそ誰が反対しても会いにきます」
聖に思いをぶつけます。

聖は、
「もう来ないで。
あなたがここに来たら私はここで暮らせなくなる。
私には大事な生徒たちがいるから」

晶は、聖の自転車を借りて駅まで戻ります。
そして、自転車カゴにメモを残します。

自身の電話番号に「聖ちゃん、会いたいです」の言葉を添えます。

後日、聖は野上の告白にOKの返事をします。
その場面を見ていた愛子が聖と野上に近づいてきます。

steady.(ステディ.) 2018年 11月号