素敵な女優ダイアリー

映画、ドラマ、CMなどで活躍する素敵な女優のダイアリーです。

石原さとみ ドラマ「アンナチュラル」第1話 名前のない毒!

   

石原さとみの話題です。

石原さとみ主演ドラマ「アンナチュラル」第1話が始まりました。
金曜ドラマ「アンナチュラル」第1話「名前のない毒」

死因究明のスペシャリストたちが、“不自然な死”の謎を解く、1話完結の法医学ミステリーです。

解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働く不自然死究明研究所(UDIラボ)は、異状死体や犯罪死体を引き受け解剖しています。

ミコトは、UDIラボの仲間たちとチームを組んで、死体と向き合うことになります。

ミコトと同じく解剖医で、経験豊富だが異様に態度と口が悪い中堂系(井浦新)
三澄班の記録員で三流医大生のアルバイト、久部六郎(窪田正孝)
三澄班の臨床検査技師でミコトと仲が良い東海林夕子(市川実日子)
UDIラボの所長で、いつも運営に四苦八苦している神倉保夫(松重豊)
彼らがミコトを取り巻くチームです。

第1話はストーリーが二転三転。
どんでん返しの展開がスピーディーに続きます。

ある日、「心不全」で突然死した息子の死因に疑問をもった老夫婦がUDIを訪ねてきます。
さっそくミコトたちが解剖に取り掛かると、薬毒物死の可能性が浮上。
しかし、死因となった毒物が何かがどうしても特定できません。

そんな折、突然死した男性の同僚も原因不明の突然死を遂げていたことが判明します。
死因を究明すべく、死亡した男性のアパートで調査を行うミコト。
すると、遺体の第一発見者でもある婚約者・馬場路子(山口紗弥加)が現れます。

さらに馬場の仕事が劇薬毒物製品の開発だとが分かります。
馬場が、もしまだ誰も知らない未知の毒物、すなわち「名前のない毒」を開発していたとしたら。
現在の毒物鑑定システムでは、「名前のない毒」は検出できません。

突然死した男性はMERSコロナウイルス感染で死亡したことがわかります。
中東出張から戻ったばかりでした。
そして、MERSを広めたことで、マスコミなどに責められることになります。
恋人だった馬場は、悲しみます。

馬場に事情を聴くミコト、
出張から帰った後、二人が濃密な夜を過ごしたことがわかります。
キスはお好きですか?
異性間交流はしましたか?
交わしたキスは20回以上!
そんなドキッとする会話が交わされます。

けれど、馬場には感染は全くありません。

恋人は、そのあと大学病院で診断を受けています。
結局、大学病院でMERSコロナウイルスに感染していました。
大学病院はその事実を隠蔽しようとしていました。

ミコトは、感染で死亡した患者を解剖し、
事実を突き止めます。
大学病院側も事実を認め、
恋人の名誉を回復させることができます。

steady.(ステディ.) 2018年 2月号

アクセスランキング

 - ドラマ