有村架純 ドラマ「中学聖日記」第8話!

有村架純のドラマ「中学聖日記」第8話です。

聖(有村架純)は、晶にもう来ないで欲しいと告げて、野上との交際を決意します。
その直後、晶の母・愛子が突然現れます。

動揺を隠せない聖ですが、「晶と会いましたか?」という愛子の問いに、1度だけ来たがもう来ないと本当のことを答えます。

彩乃の母・美和は、聖の過去を探ろうと愛子に接近します。
小宮第一小学校では学習発表会が近づいていました。

聖は野上とともに準備を進めていましたが、ある朝教室の扉を開けると、子どもたちが誰も登校していません。
聖と晶の3年前の事件が保護者に伝わり、母親たちが乗り込んで来ました。

千鶴が間に入り、そんな事実はないと否定して収まります。
保護者たちを先導した美和は、娘・彩乃からも嫌われてしまいます。

聖は大学の渡辺浩二先輩の結婚祝いを勝太郎に渡してもらいたいと電話します。
勝太郎は原口と付き合っていることを聖に報告します。
そんな中、勝太郎に海外赴任の話しが持ち上がります。

「離れるなら籍を入れたい」と勝太郎はプロポーズします。
「そんな試すようなことしなくていい。」原口は勝太郎を抱きしめます。

一方晶は、るなに自分の本当の気持ちを伝えようとしますが、るなは「間違ってるのは黒岩だから。絶対、別れないから」と告げて立ち去ります。
晶は早く自立したいと思い悩みます。

晶は郵便受けにあった父の手紙を母に内緒で受け取ります。
手紙には「晶に会いたい」と書かれていました。

ある夜、店で酔いつぶれていた美和を、聖が自宅まで送り届けます。
聖は、美和が彩乃のために衣装を作っていたことを知ります。

そんな中、聖の元へ晶が会いに来ますが、聖は、晶を突き放します。
「私に関わらないで。もう来ないで」

発表会の日、遅れて美和がやってきます。
美和は、彩乃のために用意した衣装を渡し、自立するためにしばらく会えないと彩乃に告げます。

彩乃は「大好きだから、絶対迎えに来て」と美和に告げます。
美和はウソの噂を流したことを聖に謝ります。

ところが、聖はみんなの前で真実を告白します。
男子生徒に不適切な感情を持ち、2人で会っていたこと。
それが問題になり前任校を辞めたこと。
黙っていたことを聖は謝罪します。

学校に苦情や問い合わせが殺到します。

晶は、父のことをずっと隠していた母親を責めます。
翌朝、書き置きを残し、晶は上布の家を出ます。

るなが聖に会いに来ます。
そして晶の家出を報告します。

聖は、晶の元へ自転車を走らせます。

晶は父の居る山江島行きのフェリーに乗っています。
駆け付けた聖は晶と再会しますが、フェリーは出発してしまいます。

MORE(モア) 付録なし版 2018年 12 月号 表紙:有村架純 (MORE増刊) 雑誌