北川景子 映画「探偵はbarにいる3」!

2019年1月5日

北川景子出演の映画「探偵はbarにいる3」です。

雪道のシーンから映画は始まります。
女子大生麗子を隣に乗せたトラックが映ります。
運転手の椿は、道を塞ぐように止まっている車に向かいますが、運転席にいた人間に射殺されてしまいます。
そしてトラックの積み荷の毛蟹が全て奪われてしまいます。

探偵のもとに依頼人がやって来ます。
今度の依頼人は高田の後輩、原田。
行方不明になった恋人の麗子を探してほしいと頼まれます。
探偵は、軽い気持ちで引き受けますが、とんでもない事件に巻きこまれていきます。

さっそく麗子が所属していたピュアハートというモデル事務所に調査に行きます。
その事務所の正体は風俗店。
事務所を訪れた探偵はそこで岬マリ(北川景子)という美人オーナーと出会います。
マリは探偵のことを知っている様子です。

店を嗅ぎまわっていたことがバレて、探偵はボコボコにされてしまいます。
麗子の行方不明には深い闇があるようです。

調べていくうちにピュアハートのバックには関西系暴力団花岡組傘下の北城グループがあることがわかります。

ススキノ進出を図る花岡組と探偵の知り合いの相田が若頭を務める桐原組とは対立関係にありました。
探偵が相田にモデル事務所の名前を出しただけで、真冬の漁船にパンツ一丁で縛りつけられてしまいます。

探偵は事の大きさに気付きます。
椿の射殺事件がすべての発端だという捜査情報を得ます。
椿のトラックの積み荷は大量の覚せい剤で、椿と同行していた麗子の行方を北城グループが血眼になって追っていました。

マリを尾行すると隠れ家に潜んでいた麗子を発見します。

探偵は古い記憶の中からマリのことを思い出します。
数年前、古い付き合いだったススキノの伝説の娼婦モンローに頼まれて行方を捜したことがあった風俗嬢がマリでした。

客の横暴な要求もすべて受けるマリは心身ともにボロボロの状態で雪が降る路地裏に倒れていました。
探偵とモンローに助けられたマリは熱い酒と食べ物、そして探偵とモンローの優しさに触れて笑顔を見せます。

探偵はマリの過去を探るために、モンローを訪ねます。
マリは探偵に出会う直前に身ごもっていたこと、母になる喜びを感じていたこと、そして子供は死産だったことを知ります。
マリが変貌したのはこの直後からでした。

札幌に戻ってきた探偵を、マリが遊ぼうよと笑顔で誘い出します。
二人は夜のススキノに繰り出します。

探偵とマリはススキノの観覧車に乗ります。
探偵はマリに、椿の襲撃や覚せい剤強奪について問いただします。
マリは覚せい剤を使って自分のボスである北城と取引をすること考えていました。
この計画を助けてほしい、探偵に依頼します。

酒の勢いで思わず一夜を共にしてしまった探偵、マリのバックに大量の薬があるのを見つけます。
マリは、重い病気に侵されていました。
翌朝、目が覚めるとマリの姿はなく、覚せい剤の袋と100万円の札束が置かれていました。

高田に助けを求める探偵ですが、高田がやってくる前に北城グループのアジトに連れていかれます。
アジトにはマリの姿もありました。
高田の助けで何とか脱出した探偵ですが、北城グループとの対決は避けらません。
マリは覚せい剤を北城に買い戻させるという奇策を考えます。

取引の場所は札幌のショッピングモール。
イベントでにぎわう中で覚せい剤と現金の引き渡しを行うことになりました。
探偵は決死の覚悟でマリとともに北城と取引します。

北城たちは探偵とマリを追います。
追手の姿を見たマリは後を探偵に託し、空に向かって拳銃を放ちます。
銃声にショッピングモールは大混乱に陥ります。
マリはその場で逮捕されます。

探偵は会場から脱出し、現金を手にすることができます。

混乱ののち、北城グループは警察に一網打尽にされます。
麗子は無事、原田のもとに帰ります。

そしてマリの最後の依頼を果たすため、探偵はとある病院に向かいます。
そこには難病に苦しむ少女がいました。

治療には多額の費用がかかります。
マリは北城との取引で得た全額を寄付しようとしていました。

探偵が少女の誕生日を見て驚きます。
彼女の誕生日はマリの子供の出産予定日でした。

マリは病に倒れ、入院生活を過ごしていた中で少女と出会い彼女の誕生日を知ります。
そして少女を救うことを誓います。

探偵と高田はBARでマリにグラスをささげます。

探偵はBARにいる3 DVD通常版