深田恭子「日仏友好160年 とことんフランス!」(3)デジタルアート展!

2019年1月5日

深田恭子が、「スーパープレミアム 日仏友好160年 とことんフランス!魅惑の5時間スペシャル」
という番組に出演しています。

パリのロスチャイルド館を訪れます。
「深み」展が開かれています。

深みのある音のでる鐘、床・壁をおおうタイル、
日本の美が展示されています。

日本を代表するクリエータたちが企画に参加しています。

次に向かったのがデジタルテクノロジーを駆使したアート展です。
すごい行列です。

日本を代表するデジタルアート集団チームラボが参加しています。
デジタルで描かれた滝が流れ落ちます。
心が平和的でいられる空間を創出しています。

「響きあう魂」がタイトルになっています。
どうして日本人とフランス人の魂が響きあうのか、
フローラン・ダバディーは、魂という言葉が日本にあるのを聞いて驚いた、
フランス人が好きな言葉と言います。

異なる文化を理解し、リスペクトし受け入れる。
それこそが日本人とフランス人が大事にしてきたもの、
「心」「美意識」が似ている。
そんな会話で盛り上がります。