素敵な女優ダイアリー

映画、ドラマ、CMなどで活躍する素敵な女優のダイアリーです。

佐々木希 舞台 ブロッケンの妖怪 公演2日目に観劇!

      2018/01/20

佐々木希の話題です。

佐々木希の初舞台「ブロッケンの妖怪」、美しい姿を見てきました。
公演2日目の観劇です。

竹中直人と生瀬勝久の主催する舞台、脚本は倉持裕です。

劇場は、北千住駅前にある1010(せんじゅ)劇場、
マルイの中の劇場ということで、マルイのロゴにもかけています。

nozomi02

劇場の中の様子です。
最近では珍しく、多くの花が飾ってあります。

nozomi03

竹中直人あてには多くの花束が届けられています。
深田恭子、竹内結子、安達祐美、ベッキー、原田知世、
など花束が並び、華やかな雰囲気です。

佐々木希あての花束は、
事務所関係が多いですが、
イモトアヤコ、木下優樹菜などが飾られています。

nozomi01

3人の出演している様子です。
佐々木希は青い柄のワンピース姿です。
ハイヒールを履いていることもあり、男性陣よりもずいぶん背の高い印象です。
スタイルがよいのがわかります。

nozomi07

公演2日目の舞台ということで、
セリフの間違いなど、楽しいシーンもありました。

竹中直人は、絵本作家の牛越を演じます。
生瀬勝久は、30年来の付き合いの担当編集者の黒柳役です。

牛越たちは、絵本の創作活動のため、
湖の中に建てられた別荘にやってきます。
牛越の恋人も一緒です。

nozomi11

その別荘では、ブロッケン現象が見られるということで、
楽しみにやって来る一行です。

ブロッケン現象とは、
太陽を背に立った時、
霧や雲に映った自身の影の周囲に虹色の光の輪が現れる現象です。

nozomi06

佐々木希は、館の娘、小真代(さまよ)を演じます。
二つの性格を演じる難しい役です。
その母親、日ノ原家の女主人、虹子を関根恵子が演じます。
上品さが漂います。
虹子は4年前に夫を亡くしています。

nozomi05

牛越はまったくやる気がありません。
そこをなんとか、黒柳が仕事をさせようとします。

実際、霧が出てきました。
ブロッケン現象らしきものが出現します。
遠くに館の影が見えます。

館の女主人が登場し、
1週間で帰ってほしい、念を押されます。

館の娘、小真代も現れますが、
館の使用人に嫌われている様子です。
このあと、気の強い小真代にみんなが翻弄されていきます。

nozomi04

牛越たちの帰る日になりましたが、
牛越と、小真代が行方不明になります。
必死に探しますが見つかりません。
牛越は小真代の部屋に隠れていたことがわかります。

小真代は、太い帯のついた白いドレスで登場します。
牛越と小真代は抱き合います。

4年に一度、あちらの世界とこちらの世界が一緒になる、
そんなパラレルワールドを舞台にしています。

あちらの日ノ原家とこちらの日ノ原家が4年に1度、
出会い、交流をする。
そんな信じられない話が語られます。

nozomi10

嵐の夜、館が近づいてきます。
丁度、4年に1度の日です。

あちらの面々、こちらの面々が入れ替わります。
館のなかも階段や扉の位置が瞬時に変わります。

そして、やさしい雰囲気の小真代が現れます。
4年前にあちらの世界に置き去りにされたことがわかります。
あちらの世界の日ノ原家は没落し、
接客で生計を立てていました。

夫を亡くした虹子が、
あちらの世界の夫を連れて帰ろうとしたことから、
一家の悲劇は始まりました。

あちらの世界では、牛越と黒柳の関係もまったく変わっていました。
不良の黒柳、仕事好きの牛越、真逆の存在です。

小真代を連れて、
こちらの世界に戻った面々、

小真代は、
真っ赤な美しいドレス姿です。

牛越は仕事への意欲を取り戻します。
黒柳の時計も変わっています。
入れ替わってしまったのでないか、
謎を残して舞台は終わりとなります。

佐々木希は、
二つの性格の難しい役をしっかりと演じていました。

セリフもよく通り、
とても初めての舞台とは思えない様子、
華のある女優です。

nozomi13

佐々木希が表紙に登場しています。

with(ウィズ) 2015年 12 月号

アクセスランキング

 - 演劇