素敵な女優ダイアリー

映画、ドラマ、CMなどで活躍する素敵な女優のダイアリーです。

満島ひかり 演劇「かもめ」チェーホフの代表作!

   

満島ひかりの話題です。

dsc_0011

満島ひかり主演の舞台「かもめ」です。
場所は、池袋の東京芸術劇場プレイハウス。

満島ひかり、田中圭、坂口健太郎らがチェーホフの代表作を熱演します。

演出は『おそるべき親たち』や『狂人なおもて往生をとぐ』などで知られる熊林弘高です。
坂口健太郎は、これが初舞台となります。

なんとも難解な舞台でしたが、満島ひかりの演技は輝いていました。

「かもめ」はロシアの劇作家アントン・チェーホフの代表作のひとつです。

劇作家志望のトレープレフ(坂口健太郎)は、恋人で女優志望のニーナ(満島ひかり)と、ある田舎の別荘で新作舞台を上演します。

しかしそれを観に来た女優の母・アルカージナ(佐藤オリエ)と衝突。

アルカージナは年若き恋人トリゴーリン(田中圭)を同伴しており、ニーナは流行作家のトリゴーリンに次第に心惹かれていきます。

一方、別荘管理人の娘のマーシャ(中嶋朋子)はトレープレフに、教員のメドヴェジェンコ(渡辺大知)はマーシャに、それぞれ恋をしていてます。

女優のアルカージナと愛人の小説家トリゴーリンが久々に滞在しているソーリン家で、アルカージナの息子トレープレフが恋人のニーナを主役に前衛的な劇を上演します。

母の悪評にかっとしたトレープレフが去ったところで、アルカージナはニーナをほめ、夢を叶えなさいとトリゴーリンを紹介します。

トレープレフが、銃で撃ち落としたかもめをニーナに捧げて、「今に僕は自分を撃ち殺す」などと言い、芝居の失敗の後にトリゴーリンを愛し始めたニーナをなじります。

ニーナはトリゴーリンに名声への憧れを語ります。

トレープレフのトリゴーリンへの決闘申し込み、自殺未遂などの騒ぎがあります。

モスクワへ戻ろうとする作家トリゴーリンに、ニーナは自分もモスクワに出て女優になる決心をしたと告げ、抱擁します。

2年後、作家として名を上げたトレープレフの聞くところでは、
ニーナはトリゴーリンと一緒になって子を生んだものの、やがて捨てられて子にも死なれ、女優としても芽が出ず、今は地方を巡業しているといいいます。

トレープレフがひとり仕事しているところへ、巡業で近くに来ていたニーナが現れ、感動の再会をします。

あなたへの愛は永久のものとわかった、だから、ここにとどまってほしいというトレープレフの申し出を無視してニーナは仕事へ戻るため身支度します。

私は、殺されたっていい女よ。
もう私、くったくた。休みたいわ、休みたい!

私は――かもめ……。そうじゃない。私は――女優。そうなの!

今では、私、分かるの……私たちの仕事で大事なのは、名声だとか栄光だとか、私が見ていたものではなくて、耐えることができるかどうかなの。

十字架を背負って歩みながら、自分のやってることを信じきれるかどうかなの。

「私が立派な女優になったあかつきには、見にいらして。約束よ」
と手を握り、裏切ったトリゴーリンのことは以前よりもっと愛しているとも言います。

2年前の失敗した芝居のセリフをそらんじてみせると、いきなりトレープレフを抱きしめ、駆け去ります。

トレープレフは2分ほどかけて自分の原稿を引きやぶって捨て、部屋の外へ出て行きます。

食事を終えた一同が部屋に戻るとシャムラーエフが完成した剥製を
見せるが、それでもトリゴーリンは思い出せません。

外で一発の銃声が鳴り響く。

調べに出て戻って来たドールンは怯えるアルカージナには「エーテルの壜が破裂した」と言うが、やがてトリゴーリンにトレープレフの自殺を告げます。

蜷川幸雄80周年記念 彩の国シェイクスピア・シリーズ番外編 NINAGAWA×SHAKESPEARE LEGEND 第2弾『ハムレット』 [DVD]

アクセスランキング

 - 演劇